ESGに関する方針

日本賃貸住宅投資法人(以下「本投資法人」といいます。)及び大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社(以下「資産運用会社」といいます。)は、本投資法人の資産運用に当たり、ESG(「環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)」)を重視することが本投資法人の中長期的な企業価値向上に資すると判断し、以下の項目に注力してまいります。

1. 環境保護への取り組み(Environment)

本投資法人保有物件において、環境保護に資する設備機器の導入等により、省資源・省エネルギー対策を始めとする環境保護へ向けた取組みを積極的に推進します。

2. 社会とのつながり(Social)

本投資法人の投資家や取引銀行等すべてのステーク・ホルダーの皆様に対し、IR活動等を通じ、積極的な情報開示と説明責任を果たしてまいります。本投資法人の保有物件にご入居されているテナントの皆様に対して、プロパティ・マネジメント会社と連携し、高品質で快適な居住空間を提供することにより、上場投資法人及びその資産運用会社としての社会的使命を果たしてまいります。また、資産運用会社は、優れたアセット・マネジメントを通じて社会に貢献するため、役職員のワークライフバランスを尊重した働きやすい環境の実現を図ると同時に、社内外の研修等を通じて人材育成に努めます。

3. 企業統治(Governance)

資産運用会社及び本投資法人は、法令及び諸規則を遵守し、企業倫理及びコンプライアンスの重要性を意識して、透明性が高い合理的な意思決定を行ってまいります。また、資産運用会社は、善管注意義務やフィデューシャリー・デューティ(受託者責任)を全うするため、利益相反防止やリスク管理を始めとする内部管理態勢の強化、役職員に対する教育・啓発活動等に努めます。

外部評価機関による環境認証の取得例

本投資法人のESGに関する方針を確実に実践するため、2017年11月、資産運用会社は、サステナビリティ推進体制規程を制定して、代表取締役社長を「サステナビリティ推進に係る最高責任者」と定めるともに、「サステナビリティ執行責任者」、「サステナビリティ推進委員会」を設置しました。

「サステナビリティ推進委員会」は、最高責任者や執行責任者をはじめとしたメンバーで構成され、原則として3ヵ月に1度以上開催することにより、サステナビリティに関する個別ポリシーや目標、各種施策などのサステナビリティ推進に関する事項を審議します。

上記規程において、「サステナビリティ」とは、環境及び社会に配慮した資産運用を行うことにより、これらが持続可能な社会に資するものとなるよう努めること、ひいては、本投資法人及び資産運用会社の事業活動の安定と持続的な発展を目指すことをいうと定義されています。

また、上記規程に基づく具体的な運用方針を定めるため、2018年2月に、本投資法人保有物件の省エネルギー、温室効果ガス排出削減、節水化や、サステナブル調達に向けた各種ポリシーを制定しました。

上記の各種ポリシーにおいて、本投資法人保有物件全体で、以下のエネルギー等低減目標を掲げています。

  • 年1%(5年間で5%)のエネルギー消費原単位の低減
  • 年1%(5年間で5%)のエネルギー起源CO2排出原単位の低減
  • 年0.2%(5年間で1%)の水消費原単位の低減

サステナブル調達ポリシーにおいては、プロパティ・マネジメント会社及びサプライヤーの選定・評価基準の指針を定め、本投資法人のESG実践への協力や基準の遵守に関するモニタリングを開始しました。

外部評価機関による環境認証の取得例

GRESB

2018年より「グローバル リアル エステート サステナビリティ ベンチマーク」(Global Real Estate Sustainability Benchmark (GRESB))の「GRESBリアルエステート評価」に参加し、「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両面でサステナビリティに関する高い評価を受け、最高位のカテゴリー“Green Star”の評価を獲得いたしました。

  • gresb

GRESBは、欧州年金基金を中心とした機関投資家等で構成された民間主導の国際的な組織であり、不動産ポートフォリオ(上場、私募及び直接投資を含みます。)のサステナビリティ・パフォーマンス分析を行うことを目的としています。
(GRESBに関する詳細については、https://gresb.com/をご参照ください。)

DBJ Green Building認証

DBJ Green Building認証とは、 環境・社会への配慮がなされた不動産(Green Building)を支援するために、 2011年4月に株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が創設した認証制度で、2017年8月より、認証は一般財団法人日本不動産研究所(JREI)が行い、DBJは制度全体を総括しています。対象物件の環境性能に加えて、 防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証するものです。 本制度の詳細はこちら(http://igb.jp/index.html)をご参照下さい。

【2018年3月取得】

知事公館前タワーレジデンス 非常に優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル
  • DBJ
  • 知事公館前タワーレジデンス

【2016年7月取得】

セレニテ本町グランデ 「優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」
  • DBJ
  • セレニテ本町グランデ

認証に当たり評価を受けた点

■知事公館前タワーレジデンス

  • 共用部全体へのLED照明の採用や、入居者の省エネ意識を高める啓発活動を行うなど、環境に配慮した取り組みがなされている点。
  • 本投資法人が2018年3月に取得したDBJ Green Building認証の詳細については、DBJが公表したプレスリリースをご参照下さい。
    http://igb.jp/gb-wp/wp-content/uploads/2018/03/topics20180330-1.pdf

■セレニテ本町グランデ

  • 各フロア共用部分に駐輪スペースを設置し防犯性を高めるなど、充実した共用サービスにより住民の利便性を高めている点
  • LED照明や節水型便器の採用など、環境に配慮された設備を積極的に導入しているほか、宅配ロッカーや24時間利用可能なゴミ置き場の設置など、充実した設備を有している点
  • 本投資法人が2016年7月に取得したDBJ Green Building認証の詳細については、DBJが公表したプレスリリースをご参照下さい。
    http://www.dbj.jp/ja/topics/dbj_news/2016/html/0000022726.html
投資法人の概要
ご挨拶
概要・沿革
役員の状況
本投資法人の特徴と戦略
投資運用方針
財務方針
分配方針
コーポレートガバナンス
ESGに関する方針
  • 株価情報
  • 個人投資家の皆様へ
投資法人の概要
ポートフォリオ
財務情報
IR情報
投資主情報